婚活イベント運営者から見た婚活パーティーでカップリングする人の特徴9つ

婚活
スポンサーリンク

副業として婚活イベントの運営なんかもやってますので、たまにはこんな記事も書いてみようかと。

運営会社によって違うので、システムごとに変容しない共通のポイントを端的に押さえます。

あくまで私の主観ですが婚活パーティーに行かれる方はご参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

大前提:マイナスポイントを作らない

まずはじめに。

婚活パーティーのトークタイムという限られた時間の中で、一番大切なことは

マイナスポイントを作らないこと

と思ってください。

良いところを見せることではありません!

やりがちですが結果、必死になりすぎて逆効果になることもあるのでご注意ください。

 

それを踏まえて。

今日は、婚活パーティーでカップリングされる男女に共通する特徴を羅列してみます。

 

①服装に清潔感がある

当たり前ですが、第一条件です。

底のすり減ったスニーカーとか毛玉だらけのセーターとか、過度な露出のあるワンピースとかは避けてください。

派手すぎない色で無難にまとめましょう。平日なら男性の場合はスーツをお勧めします。

好き嫌いの別れる服装はリスキー。婚活パーティーには不向きです。

 

②プロフィールカードを埋めている

お相手に自分を紹介するプロフィールカードは、話題作りのためにとても大切です。

せっかくの出会いを天気の話題で終わらせないためにも、できるだけ具体的に書きましょう。

共通の話題が思わぬところに見つかるかもしれません。

趣味はもちろん、行ったことのある旅行先(外国や温泉地など)や、好きな食べ物、映画、習い事、資格も、話のタネにはもってこいです。




③笑顔を出し惜しまない

緊張していても、表情がこわばらないようにしましょう。

自然な笑顔はご自分もお相手もリラックスさせます。

親しみやすく、やわらかい雰囲気作りを心掛けてください。

 

④お相手の目を見て話す

「ちゃんとあなたの話を聞いてますよ」というアピールになるので、特に聞き役のときはお相手の目を見てあげてください。

身体ごとお相手の方に向けていられればなお良いです。

相槌を打って、お相手が話しやすい空気を作りましょう。

ただし近づきすぎない事です。普通に引かれます。

パーソナルスペースはしっかり確保しましょう。

 

⑤愚痴らない

共通の話題が見つからなくても、愚痴はやめましょう。

パーティーのシステムやトーク時間の短さ、政治に関する愚痴は、時間の無駄です。

例えお相手の同意が得られたとしても、ネガティブな印象を与えてしまいます。

もっと明るい話をしましょう。

 

⑥自分の話ばかりにならない

ご自分の話に夢中で、お相手の様子が伺えなくなってるパターンがあります。

完全に会話がドッチボールになっているときのお相手の表情、結構シビアなのです。(-_-)

会話はぜひとも、キャッチボールにしてくださいね。

⑦焦らない

焦りは禁物です。

たしかにトーク時間が限られているので焦るのもわかりますが、早口にならないようにしましょう。

早口になると必死さが見えてがっついてるように思われてしまいますし、結局話が見えなくなることも。

大人の余裕を感じさせるくらいがちょうどよいです。

 

⑧スタッフへの対応も丁寧に

イベントスタッフを無視しないでください。なるべく話を聞いてください。涙

店員さんへの態度が横柄だと、好感度下がるって言いますよね。それと一緒なのです。

お相手の方、そこも見てますよ。

 

⑨1回に命を懸けない

出会いは一期一会。一度のパーティーで理想のお相手に出会える確率は高くありません。

特に婚活パーティーは特殊な環境で初対面の方と出会うので、リラックスしてお話しするのに慣れは確実に必要です。

「数打ちゃ当たる」というと聞こえは悪いですが、一回一回のパーティーを重く捉えすぎないようにしましょう。

 

きっと、あなたにあうパートナーが見つかるはず

************************************************

…はい。基本的なところは以上です。

今日のところはこの辺で。

素敵な出会いが皆様に訪れますように🌸

 

婚活
スポンサーリンク
シェアする
Sopcoをフォローする
スポンサーリンク
こころのゆとりブログ ~すてきなゆめ~