ハムスターの食事 基本事項【主食とオヤツ・必要量はどのくらい?】

ハムスター
スポンサーリンク

ハムスターは雑食性なのですが、もちろん基本的な食事・栄養の必要量があります。

ハムスターを初めて飼うにあたって、食事の用意の仕方がよくわからないという方向けに書きます。

いってみよー!

スポンサーリンク

食事について

ハムスターの主食とは?

ハムスターの主食は(ヒマワリのタネではなく)ペレット(ハムスターフード)です!

↑こういうのです。ハムスター専用のものが好ましいです。

 

我が家はゴールデンハムスターなので大粒タイプですが、ドワーフハムスターの場合は小粒タイプを選びましょう。

ペレットとは、穀類などを粉末状にして固めた人工飼料です。

基本的にペレットを食べていればハムスターに必要な栄養は摂れます

 

我が家では基本的にペレットとミックスフードのみを与えています。

ただ、ミックスフードはハムスターが好きなものだけ食べることが多いのでペレットが苦手なハムスターは栄養の偏りに注意が必要です。

 

必要な量

一日のペレットの必要量は以下の通りです。

ゴールデンハムスター:10~15g
ドワーフハムスター:3~4g

これ以上の摂取は食べすぎになってしまいます。

ハムスターは食糧を貯蔵しますので、必要量を毎日与え、食べ残しはこまめに取り除きます

 

与えても良い野菜・果物

オヤツ早見表はコチラ↓

 

野菜や果物などは新鮮なものを洗い、水を切って与えます。

食べやすい大きさに切ってあげてください。

以下のものは水分・ビタミン補給になります。

・キャベツ

・白菜

・サラダ菜

・ニンジン

・ブロッコリー

・ふかしたカボチャ

・ふかしたサツマイモ

・リンゴ

・バナナ

・イチゴ

・与えた翌日まで残っていたら腐る前に取り除いてあげてください。

・基本的に少量を与えます。

・リンゴやイチゴなどの甘味の強いものは特に頻度を低く少なめに。(ひとかけら程度)

・カボチャのタネは肥満の原因になるので注意しましょう。

与えても良い野草

ハムスターに与えても良い野草があります。

毒になる野草ももちろんあります。

わたしは植物に詳しくなく見分けが難しいため、はむこさんにあげたことはありません。

以下は与えても良い野草です。

・タンポポ

・シロツメクサ/クローバー

・ハコベ

・オオバコ

・ナズナ

道端のものは様々な要因で汚染されている可能性があります。家庭菜園で育てたものか、市販のものを与えましょう。

栄養補給に良い食べ物

妊娠中、闘病中など特に栄養が必要なハムスターには以下のものが与えられます。

・ゆで卵の白身部分

・ゆでたささみ

・無糖のヨーグルト

・ドライタイプのドッグフード

・減塩チーズ(ペット用)

・減塩ニボシ(ペット用)

・ミルワーム(甲虫の幼虫)

注意が必要な食べ物

以下のものは与えても良いですが高カロリーなため肥満の原因となり得ます。

妊娠中など体力が必要な時期以外は与える量には注意しましょう。

・ヒマワリのタネ

・カボチャのタネ

・アーモンド

・クルミj

ナッツ系めっちゃすき!

与えてはいけない食べ物

与えてはいけない食べ物は人間の生活の中に意外と多いです。

以下の記事にまとめてあります。

 

飲料水について

飲料水の必要量は以下の通りです。

ゴールデンハムスター:10~30ml

ドワーフハムスター:5~8ml

・ハムスターは食べ物からも水分を補給しています。

・給水ボトルの水は毎日新鮮なものに替えてあげましょう。

・水交換の際は給水ボトルに異常が無いか必ず確認してください。

・ミネラルウォーターは結石の元となりますので与えないでください。


Zero 浄水触媒 150ml

おわりに

以上がハムスターの食についての基本的なところです。

ハムスターが病気の場合は、食事についても必ず獣医さんに確認してくださいね。

良きハムスターライフをお過ごしください(^^♪

ハムスター
スポンサーリンク
シェアする
Sopcoをフォローする
スポンサーリンク
こころのゆとりブログ ~すてきなゆめ~