過去に戻りたいと思ったら

こころのゆとり
スポンサーリンク

 

楽しかった過去、ありますよね。

今はもう見られない景色もありますよね。

もう二度と会えない人もいます。

 

それらは勿論、いつまでも大切な存在です。

けれど、たまに懐かしむ程度ならよいですが、いつまでも過去に固執していると心が苦しいです。

 

残酷な時の流れにはどんな偉人も権力者も逆らえないわけです。

人生、楽しみたいじゃないですか。

なのに、普遍的である時の流れに悩まされるなんて勿体ないですよね。

 

日々、新しいことは起きます。

今が苦境でも、それは一生続きません。

昔の思い出の数百倍、楽しい出来事が待っているかもしれません。

根拠なんて無くていいんです。

人生で最高の瞬間は、いつでも更新される可能性を秘めているんですよ。

 

輝かしい過去は、感謝をして手放しましょう。

いますぐには無理でも、徐々にその準備を整えていきましょう。

時代の流れを受け入れその波に乗ることは、間違いなく上手に生きるコツのひとつです。

 

それでも、過去を懐かしんでウジウジしていたいときがわたしにはあります。

そんなときは半日だけウジウジすることにしています。逆にストレス発散できます。

 

出る月を待つべし、散る花を追ふことなかれ(中根東里「東里外集」)

 

中根東里は、江戸時代の儒学者で、生涯を学びに投じた人です。

例えが風流ですてきですよね(^^♪

進むことを恐れず、出る月を待ちましょう。

それはあなたが、あなただけの人生を楽しむために。

神道のことば: 迷わず、くじけず潔く生きる知恵

 

こころのゆとり
スポンサーリンク
シェアする
Sopcoをフォローする
スポンサーリンク
こころのゆとりブログ ~すてきなゆめ~