もうダメかも…と感じたときの選択肢5つ【がんばる?やめる?】

スポンサーリンク

 

仕事でも趣味でも人間関係でも、もうダメだ…となってしまうこと、時々はありますよね。

 

深刻度合いもさまざまですが、

もうダメだ…となっているその現状が一番ストレスではないですか?

 

悩んでいる自分自身が一番、自分の心の重荷になっているんですよね。

 

その状況を打破するためにどうしますか?

 

スポンサーリンク

もうダメかも…と感じたときの選択肢5つ

大丈夫?

がんばる

 

少しでもスタミナがあるときは頑張れます。

 

「もうダメ」な現状の原因がわかっているなら、それを解決するために全力投球する。

これはもちろんエネルギーを使うことです。

 

それができないときは?

 

リフレッシュする

 

一旦忘れることです。

スパとか岩盤浴とか、いいですよね。

ずっと欲しかったものを買うとか。

 

たしかにそういったことでまた気持ちが前向きになる場合もあります。

 

でもそれでもダメなときは?

 

やめる

 

思い切ってやめてしまうのも選択肢です。

ですが決断するということはそれだけでエネルギーを使います。

 

一度始めたことを「やめてしまおう」と決めるのもひと仕事なんですよね。

がんばれないときは、決断できないときでもあるんです。

 

休む

 

やめる、と決断できない。

でもがんばることもできないときは、一旦お休みしてはいかがですか?

 

お休みして全然関係ないことをしているとふと元の場所に戻りたくなったり、

 

もう一度がんばれるくらいのエネルギーが沸いてくることもあります。

 

日本は自分に厳しくすることを美徳と考える風土です。

ですが限界というのは人それぞれで全く違ってきます。

 

周りの人と比べる必要は一切ありません。

心が「もうダメ」と言っているのならそれは限界が近い証拠です。

 

壊れてしまう前にどうか休んでください。

 

現状維持

 

がんばれない、やめられない。

休むのも気が引ける。

 

まだ少し続けられると感じるのなら、このままをキープすることもできます。

 

そうする場合は、「もうダメ」と感じている時間をなるべく減らしましょう。

その時間自体がご自身を疲弊させてしまいます。

 

考えないこと。

思い詰めないことです。

 

映画でもスポーツでも読書でもなんでも、気を紛らわすことを進んで行いましょう。

 

自分の心が限界を感じていることを忘れずに、労わってあげてください。

 

おわりに

 

わたしは幸運な事に現在も音楽を続けられていますが、学生時代から何度も何度もやめようと思ったことがあります。

 

意図せずお休みしたこともありました。

 

そのたび、新たなきっかけを得て音楽に戻り、奇跡的に現在に至っています。

 

最近では、鬱鬱とした気分のときは決まって発声できてないとき。

そんな自分になりました。

 

明日は何が起こるかわからないですから、

その時の自分が最善と思う道を選んでくださいね。

 

考えすぎないこと!

こころのゆとり
スポンサーリンク
シェアする
Sopcoをフォローする
スポンサーリンク
こころのゆとりブログ ~すてきなゆめ~