ハムスターを手乗りにする方法【3ステップ】

ハムスター
スポンサーリンク

 

お迎えしたハムスターがおうちに慣れてきたら、手乗りトレーニングを始めましょう。

手乗りになるとコミュニケーションをとれるだけでなく、日々の健康チェックも容易になります。

ハムスターがまだおうちに慣れていない様子でしたら以下の記事をご参照ください。

 

手乗りになるかならないか、また進捗具合は個体差があります。

無理な接触を図って複数回噛まれると、飼い主さんのアナフィラキシーショックの危険性もあります。

ハムスターの性格に合わせて焦らず進めていきましょう

(ロボロフスキーハムスターなど、観賞目的で売られているハムスターは基本的に接触を控えることをおすすめします)

 

ハムスターの手乗りトレーニングは、人間の手に好印象を持ってもらうことから始まります。

ハムスターのオヤツを使いましょう。

ちなみに我が家の場合は乾燥バナナでした。(好物)

 

スポンサーリンク

ハムスターを手乗りにする方法【3ステップ】

ゆっくりおねがいしますだよ

ステップ1 オヤツをつまんで差し出してみよう

ハムちゃんから見える位置に

つまんだオヤツを差し出します。

このとき

・匂いのついていない綺麗な手で
・ハムちゃんの前から
・ゆっくり差し出し
・ハムちゃんから受け取るのを待つ

ようにしてください。

以上のことはこの先のステップも同様です。)

 

ハムスターはあまり目の良い生き物ではありません。

背後や横から突然大きな手が現れると驚かせてしまいますのでご注意ください。

 

また、飼い主さんもハムちゃんのお口が近づいてきたからと言って、びっくりして手を引っ込めないでくださいね。

ハムちゃんもまたそれに驚き、固まるか逃げるかしてしまいます。

飼い主さんが落ち着いていることでハムちゃんにも安心感が伝わりますので、どっしりと構えて接してあげてください

 

→ハムちゃんが手渡しでオヤツを受け取ってくれたら成功です!🐹

 

→ハムちゃんが怖がって近付いてこなければ、また明日チャレンジしましょう。

 

手乗りトレーニングはあくまでハムちゃんのペースで。

無理と焦りは禁物です。

 

ステップ2 オヤツを指にのせて差し出してみよう

ステップ1をクリア出来たら、次はオヤツを指にのせて差し出します。

 

指をそろえた状態で第一関節のあたりにオヤツをのせ

ハムちゃんの前に出します。

根気強く、ハムちゃんから近づいてきてくれるのを待ちます。

 

→ハムちゃんがオヤツを受け取ってくれたら成功です!🐹

嬉しくて小躍りしたいところですが、食べ終わるまで飼い主さんもじっとしていてくださいね。

 

→ハムちゃんが怖がって近付かないようなら、ステップ1からもう一度チャレンジしましょう。

 

ステップ3 オヤツを手のひらにのせて差し出してみよう

てのひら真ん中あたりにオヤツをのせ

ハムちゃんの前に差し出します。

やはり根気強く、向こうから乗ってきてくれるのを待ちます。

 

→ハムちゃんが手に乗りオヤツを受け取ってくれたら手乗り成功です!🐹

食べ終わるまで手を動かさないでくださいね。

 

→ハムちゃんが怖がって近付かないようなら、ステップ2からもう一度。

 

手乗りに成功したあとも、引き続き飼い主さんの動きはゆっくりを保ってください。

頭や背中を撫でられるようになるまでは慎重にいきましょう🐹

 

おわりに

ハムスターはあくまで小動物。

他の生き物に触れられることは基本的にストレスとなります。

ハムスターとのふれあいは楽しいものですが、なるべく15分以内に収めましょう。

 

そして手乗りトレーニングはとにかく

・焦らず
・ゆっくり
・ハムスターぺースで

を心掛けてください。

ただ最初に申し上げたように、個体によっては慣れるまで時間がかかるかもしれません。

また、トレーニングしても手乗りにはならないかもしれません。

 

わたしたち人間の性格がそれぞれ違うように、ハムスターの性格もそれぞれです。

無理強いはしないであげてくださいね。

(手を嫌がる子を移動させないといけない場合は、巣箱やマグカップなどで移動させることも可能です)

では今日はこんなところで。

素敵なハムスターライフをお過ごしください(^^♪


幸せなハムスターの育て方

 

ハムスター
スポンサーリンク
シェアする
Sopcoをフォローする
スポンサーリンク
こころのゆとりブログ ~すてきなゆめ~