【免許更新時】旧姓併記の運転免許証が欲しい!~後編~

雑多
スポンサーリンク

 

さて前回、下調べ不足の極みで戸籍謄本さえ受け取れなかったわたしです。

4日後、しっかりお電話で戸籍の完成を確認してから本籍地の市役所に向かいましたよ。 

 

以下は、免許更新と同時に旧姓併記する際にとった手続きになります。

 

(前編はこちら↓)

 

(ご興味あればこちらもどうぞ↓)

スポンサーリンク

旧姓併記の運転免許証が欲しい!~後編~

 

新姓と旧姓はどちらがウマイのですか?

 

戸籍謄本(全部事項証明)を手に入れる

 

お姉さん、戸籍謄本くださーい

 

ということで、再び

 

・本籍地

・戸籍筆頭者名

・続柄

・請求者氏名

・請求者生年月日

・請求者住所

・使用目的

 

などを記入した戸籍事項証明等の申請書を無事提出✨

 

戸籍筆頭者氏名に義理の父の名前を書いてしまったことで窓口さんに軽い混乱を引き起こしましたが、なんとか戸籍謄本をゲット出来ました!

 

こうして初めて公式文書で夫婦の証明を確認できたわけですが、ここまで2時間半ほど。(本籍地まで片道1時間かかるため)

 

ここから最短ルートで地元の区役所へ駆け込みます。

 

旧姓併記の住民票を手に入れる

そして住民票のある地区の区役所へ到着。

住民票に旧姓を併記するためには以下のものが必要とのこと。

 

  • 手続きに来た方の本人確認ができるもの(わたしは新姓になって間もなかったため旧姓の免許証と新姓の保険証を持っていきました)
  • 住民票に記載したい旧氏が記載されている戸籍等から現在の戸籍に繋がる全ての戸籍謄本等(前述のものです)
  • マイナンバーカード又は通知カード(わたしは通知カードを持っていきました)
  • 代理人が届け出る場合は、この他にご本人が記載した委任状

 

旧姓を併記した住民票が一部欲しいです!

とお姉さんに告げたところで、区民課の長蛇の列を目視確認!

 

そういえば役所って、ほぼアトラクションですもんね。

待って当然なことをすっかり忘れておりました。

 

免許用にばっちりメイクで駆けずり回っておりましたが、この時点で免許更新センターの受付終了時間まで1時間を切っており、当日中の免許証更新は潔く諦め😊

 

まあ今日はとりあえず住民票だけは手に入れよう、ということで。

 

住民票申請の書類に記入していくのですが、3/5の確率で旧姓を書いてしまい、申請書の汚さにションボリ。。

旧姓の方が字画も都合も良いので、事あるごとに旧姓を使っていくつもりだったのですが、無意識に氏名欄を記入するとこうなるのですね。。。

 

「新しい苗字呼ばれても気づかないんだよね~」との新婚の友人たちの言葉を多少信じておりませんでしたが。

新姓で呼ばれても例に漏れず2回ほどは無視してしまいましたね。

思い知りました。

 

住民票に旧姓追記のための書類提出完了後、マイナンバー通知カードの背面には「旧氏記載」と「氏名変更」の旨が印字されました。

 

💁‍♂️「住民票を受け取るまでには30分〜1時間ほどかかります」

とのことで、大人しく待つ。

 

この日住民票を手に入れられたのは区民課での最初の受付から1時間半後のことでした。

役所手続きは余裕を持つに越したことないですね。。。

 

運転免許更新センターへ

さらに翌日。(コロナ騒動によりヒマ)

 

・古い免許

・更新はがき

・苦労して手に入れた旧姓併記の住民票

 

を手に、運転免許更新センターへ向かいます。

 

一番最初に更新はがきと古い免許を見せて受付してもらうのですが、この時点で「旧姓併記したいです」と告げておきました。

本籍地も変わったので、何かミスがあるといけないですしね。

 

すると「これを持って回ってください」と渡された書類に旧姓併記の旨を記載してくれました。

写真撮影や料金支払いなど、いろいろな係の方と接しますから、こうしてもらえるといちいち確認せずに済みますね。

 

料金支払い、視力検査、暗証番号登録等済ませ、いよいよ写真撮影。

 

毎回幸薄そうな顔で映る免許証の写真。

今回こそは幸せそうに写りたい。

 

「サークルレンズ外してね~」と言われバタバタとコンタクトを外し

「襟がちょっとね~」と言われド近眼の目で鏡を見て襟を正す。

 

結果の写真(参考)がコレです。

 

 

良い感じに幸薄免許となりました。

 

写真を撮った後は優良講習を受けて終わり。(ペーパーゴールド)

免許更新センターについてからは特記することもなくスムーズでした。

 

おわりに

免許に旧姓を併記した手続きは以上です。

 

新姓になって間もない時期は、お電話などで戸籍の完成を確認してから行動開始したほうが良いです。

特に本籍地が遠方の場合は二度手間は避けたいですよね。

 

ちなみに民間企業での対応は様々で、旧姓併記したところで何が便利になるかというのはまだ未知数です…

 

雑多
スポンサーリンク
シェアする
Sopcoをフォローする
スポンサーリンク
こころのゆとりブログ ~すてきなゆめ~