新型コロナワクチン3回目接種の結果【副反応は2回目より軽い?】

スポンサーリンク

新型コロナウイルスワクチン3回目接種に行ってきました。

結果、2回目よりキツイ副反応があったので経過を記しておきます。

ちなみに2回目は翌日に37.8℃までの発熱がありましたが、今回の最高記録は39.4℃でした。更に腋下の腫れと痛みが長引き、これが何もしていなくてもしんどかったです。。

二回目接種時の記録はコチラ↓

スポンサーリンク

新型コロナワクチン三回目接種の結果【2回目より重かった副反応】

参考程度にお願いします

※以下、個人差の大きいテーマであることをご留意ください

接種当日

接種の予約は1/15土曜日18時。時期的に被接種者は医療従事者or高齢者しか該当しない為か、かなり空いていました。

当方1回目、2回目、そして3回目もファイザー製です。注射自体はインフルエンザワクチンよりも痛くなかったです。(当たり所の問題かと思います)

その日は特に発熱もなく、接種部位の痛み以外は元気そのものでした。

 

接種翌日

朝から発熱は37℃~37.4℃あたりを行ったり来たり。念のためお昼に解熱剤を呑みました。

多少の倦怠感を感じながらも、2回目接種時の発熱は38℃を超えなかったので完全に油断モードでした。

21時 とんでもない悪寒 37.6℃

変化があったのは接種から24時間以上経ってから。(解熱剤の効能切れ?)

寒い日だなぁなんてのん気に構えていたら、最終的にとんでもない悪寒に襲われました。ほんとインフルエンザレベルの悪寒です。

この時の体温が37.6℃。二回目接種時の最高体温が間近です。

休日の日常生活を送っていたところでしたが、さすがに無理となってベッドへ横たわりました。(普段使わないので解熱剤の存在は忘却しておりました)

 

22時 続・とんでもない悪寒 脇の下に痛み 38.5℃

そして38℃超えです。寒いわけです。

ただ悪寒の割には倦怠感はさほどなく、熱を測らなければただの微熱と勘違いしそうなところでした。

合わせてこの頃から出始めたのが接種した側の脇の下の痛みです。

 

23時 続続・とんでもない悪寒 脇の下に腫れ・痛み 39.4℃

汗びっしょりになって目覚めたら39.4℃でした。

脇の下の痛みは更に増し、この頃には見てわかるくらいの腫れがありました。脇なのにくぼみがない、みたいな。

とりあえず水分補給して就寝しました。

 

接種三日目以降 腋下の腫れ・痛み 平熱

接種三日目はさわやかに目覚め、体温を測ると36℃台。昨日断念した入浴をすませて在宅ワークを始めますが、脇の下の痛みが強くてしんどかったです。

腕を下ろしていようが上げていようが、どうしたって痛いので我慢するしかありませんでした。(ロキソニン等時間がなくて吞めず)

接種部位の痛みが4日目には気にならない程度になったものの、脇の下の痛みは接種6日目にようやく治まった次第です。

 

まとめ

医療従事者の親族が多いので例を挙げておくと60代前半の2人に腋下の腫れ・痛みが見られ、60代後半の3人には接種部位の痛み以外の副反応は特にみられませんでした。

また、1・2回目接種で全く副反応の出なかった30代の姉には嘔吐が見られました。

厚労省のサイトを見ると、腋下のリンパの腫れは2回目よりも3回目の方が発現率が高いようです。特に直近の乳がん検診は避ける必要があります。

 

3回目の接種を予定されている皆さまに、3回目だからと言って2回目より副反応が弱いとは限らない旨を告げておきたいです。

 

雑多
スポンサーリンク
シェアする
Sopcoをフォローする
スポンサーリンク
こころのゆとりブログ ~すてきなゆめ~