茶道ではどうしてお茶碗を回すの?

日本
スポンサーリンク

「茶道やってるの?へえー!あの、お茶碗回すやつでしょ?」

そうです。お茶碗、回してます☺

でもどうしてお茶碗を回すのか、ご存知ですか?

ご経験のある方はご存知かと思いますが、それは「お茶碗の正面を避けて口を付けるようにするため」です!

お茶碗の正面って何?そんなのあるの?

あるんです!

お茶碗の正面とは…薄茶の場合、基本的にはたくさん絵が描いてあるところです。

(お濃茶で扱う楽茶碗や、総柄のものは別です)

たとえば。

↑正面。

↓裏面。

こんな感じです。

↑正面。
↓裏面。

こんな感じです。

わかりにくいものもあります。

このお茶碗は台湾のもので、わたしのお気に入りです(^^♪

きれいな色ですよね、コバルトブルー?

高台(お茶碗の足の部分)の内側に作った方の印が入っています。

 

茶道はそのすべての動作に意味があり、筋が通っています。

お茶碗を回すという行為においてもしっかりと意味があるのです。

 

以上、今日はお茶碗のことを少し取り上げてみました。

皆様の、ちょっとしたおとなの豆知識になれば幸いです。

失礼いたしました。

日本
スポンサーリンク
シェアする
Sopcoをフォローする
スポンサーリンク
こころのゆとりブログ ~すてきなゆめ~