【あつ森・激レア】わたしがセミのぬけがらを見つけた方法【1年越し】

雑多
スポンサーリンク

実にNintendo64時代からどうぶつの森シリーズは楽しんでいるのですが、Switch『あつまれ!どうぶつの森』の「セミのぬけがら」採取には史上最大に時間を費やしました。。

この夏ようやくゲットすることができたので記録したいと思います。

要するにただの日記です。

 

スポンサーリンク

わたしがあつ森でセミのぬけがらを見つけた方法

セミとはなんですか

あつ森に登場するセミのぬけがらとは

あつ森に登場する数多の虫の中で、セミのぬけがらは激レアです。(出現率1%以下らしい)

比較的レア虫として登場するサソリよりも遥かに出現率が低いです。

そのくせ商店で売った時の値段はたったの10ベルという誰も得しない代物。。

出現場所は針葉樹・広葉樹(ヤシの木はNG)。

 

我が島は北半球なので7月・8月しか出没しません。(南半球では1・2月)

昨年も日付設定を変更してまで探したのですがついに見つけられず、実に1年越しの捕獲作戦となりました。

 

作戦

1年練った作戦はこうです。

①夜19時以降に捜索開始

セミのぬけがらは24時間、針葉樹・広葉樹に出現しますが、昼間は普通のセミなど多くの虫も同じ木に現れます。

遭遇率を上げるためには他の出現虫が比較的少ない19時以降に捜索開始します。

②マイルりょこうけんで離島へ

ムシやサカナを集中的に狙うならやはり離島が効率が良いです。

着く離島はランダムなので、川や滝がなく平坦で、竹の生えていない島に当たるまで何度も飛びます。

スコップ、オノ、はしご、高跳び棒、虫取り網を忘れずに。

③ヤシの木を根こそぎ伐採し花を全て摘む

ヤシの木や花があればそれだけ他の種類の虫も出現しやすくなってしまいます。

虫の出現場所の母体数を減らすため、ヤシの木は伐採し切り株も掘り起こします。

花もことごとく摘み取っておきます。

ついでに見晴らしをよくするために背の高い雑草も引っこ抜きます。

④朝まで見つからなくても自分の島へは帰らない

離島滞在中に出現する虫には到着時の時間データが反映されます。

つまり夜19~朝4時の間に目的の離島へ着いておけば、たとえ日付が変わっても出現する虫はずっと同じままです。

昼の方が明るくて見つけやすいので離島で一夜を明かす作戦で行きます。

 

捜索開始

離島は運よく3回ほどで比較的平坦な島へ着けました。

実際に使った島のデータは以下の通りです。

・川なし
・滝なし
・池1つあり
・ガケ1つあり(上に木が3本)

ヤシの木を根こそぎ伐採し、花をことごとく摘み荒して準備万端です。

 

夜20時以降、断続的に捜索するも見つからず

去年の絶望が忘れられないので、とにかく気長に捜索しようという気概で始めました。

北半球の8月に捜索したのでフィールド上にはカブトムシ・ノコギリクワガタ・ミヤマクワガタ・ニジイロクワガタ・ヨナグニサン・カナブン・ハンミョウ・オオセンチコガネ・コノハムシ・カ・タガメが頻繁に登場。

これらが出現する度に走り回ってorいったん捕まえて逃がすを繰り返します。

たまに木に出現する虫自体が出てこない時間帯がありましたが、その場合は島の端っこにフナムシやヤドカリが出現していることが多かったのでこれらも走り回ることでいなくなってもらいました。(セミのぬけがらはぶつからない限り逃げませんのでご安心を)

 

そうして断続的にセミのぬけがらを捜索するも一向に出てきません。

とりあえず初日は作戦通り、朝になるのを待って就寝しました。。

 

翌朝9:29 1つ目のセミのぬけがらを発見

朝8:50頃、再び捜索開始です。

昨日と同じように出現するザコ虫たちを逃がし続けます。

捜索開始から40分ほど経過したその時、ようやくセミのぬけがらがお目見えしました。

初めて見れたことが嬉しくて、たくさん記念撮影しました。

 

嬉しそうでしょう?

 

そんなわたしをこのあと悲劇が襲います。

崖の上すぐなので前から網を使えず、位置が悪いとは思っていたのですが。。。

 

舞い上がっていたわたしは案の定網を上手く当てられず、

この記念すべきセミのぬけがらは、地面へ転がり落ち、消えていきました…

思わず声が出ました。

 

この気持ちをどうしていいかわからず、とにかくこの木をオノで滅多打ちにしました。

最初からこうしておけばよかったんだ・・・

もはやわたしの心が抜け殻状態です。

更に10:44 2つ目のセミのぬけがらを発見

気を取り直して再び捜索開始。

次の出現までの時間データもとれるし前向きにいこうと、ザコ虫を追い払い続けます。

途中、異様なまでにサソリの出現率が上がりビビりました。

そしてついに2個目のぬけがらを発見できたのは、1個目の出現からさらに70分ほど経った時です。

 

 

舞い上がっている場合ではない。

今度こそ慎重に網を構えます。

そしてついに・・・

いや~良かったです。

そしてちょうどここで捜索開始から2本目の網が壊れました。

捜索開始からセミのぬけがら出現までのデータ

【捜索開始~1個目のセミのぬけがら出現まで】
・サソリ:2回出現
・虫取り網:1回壊れる
【1個目のセミのぬけがら取り逃がし~2個目のセミのぬけがら出現まで】
・サソリ:3回出現(累計5回)
・虫取り網:1回壊れる(累計2回)

以上のことから、虫取り網が2回壊れ、サソリに5回遭遇するまで頑張ったところ、計2個のセミの抜け殻を見つけることができました。

 

おわりに

というわけでセミのぬけがら物語でした。

夏の思い出を語るにはこれくらいの根性と汗の結晶が必要ということですね。

去年の自分がやっと浮かばれます。。

 

雑多
スポンサーリンク
シェアする
Sopcoをフォローする
スポンサーリンク
こころのゆとりブログ ~すてきなゆめ~