ゴールデンとジャンガリアンで迷ってる?【知っておきたいその違い】

ハムスター
スポンサーリンク

一般に売られているハムスターでも多いのが大型のゴールデンハムスターと小型のジャンガリアンハムスターです。(キンクマハムスターもゴールデンの一種です。)

 

ハムスターをお迎えしよう!とは決めたものの、ゴールデンハムスターにするかジャンガリアンハムスターにするかを決めかねている方向けにその2種類の違いについてご説明します。(個体差あります!)

 

ほかの種類のハムスターたちについてはこちらの記事でご紹介しています↓

 

スポンサーリンク

ゴールデンとジャンガリアン 知っておきたい違い

なんですか?

基本情報

まず基本的なところから。似ているようで原産地も、勿論大きさも結構違いますよね。

ゴールデンハムスター

原産地:小アジア,レバノン,イスラエル

全長:オス 約18.2cm メス 約19.2cm(メスの方が少し大きい)

体重:オス 85~130g メス 95~150g

性成熟日齢:オス 7~8週齢 メス 6~7週齢

ジャンガリアンハムスター

原産地:カザフスタン共和国および

シベリア南西部

全長:7.0~11.3cm(オスの方が少し大きい)

体重:オス39~44g メス32~37g

性成熟日齢:オスメス共に約60日

 

ケージの大きさ

ケージの大きさには結構差がありますので要チェックです。

ご自宅でとれる飼育スペースに合ったハムスターをお迎えしましょう。

ゴールデンハムスター:
【床面積】60cm以上×40cm以上
【高さ】30cm以上
ジャンガリアンハムスター:
【床面積】40cm以上×30cm以上
【高さ】20cm以上

 

トイレ

どの種類であってもトイレを覚えない子はいますが…ジャンガリアンよりもゴールデンの方がおしっこを決まった場所でしてくれることが多いです。決まった場所でおしっこをしてくれれば、お掃除はかなりラクですよね。

 

ですが、ペットショップでハムスターを選ぶ際にはその子がトイレの場所を覚えるか覚えないかはわかりません。もし覚えない子であったとしてもそれはその子の習性なので、変わらず可愛がってあげてくださいね。

 

性格

どちらも比較的慣れやすい種類ではありますがジャンガリアンよりもゴールデンの方が断然人慣れしやすいです。

ゴールデンハムスター

性格:温厚、おっとり、縄張り意識は強い
噛み癖:ほぼない

ジャンガリアンハムスター

性格:基本的には温厚だけど神経質な子や気が強い子もいる
噛み癖:ゴールデンよりは人を噛む個体が多い

 


幸せなハムスターの育て方

 

力の強さ

身体の大きさでおわかりかと思いますが、勿論ジャンガリアンよりゴールデンの方が力が強いです。脱走したり、お散歩中に家具を齧ったりというのはゴールデンの方が被害が大きいですね。

人と比べればとても小さい身体ですが、思った以上に力が強いです。

 

賢さ

身体の大きさでおわかりかと思いますが(再)、やっぱりジャンガリアンよりゴールデンの方が賢いです。ゴールデンハムスターは人間の1歳児程度の知能があると言われているくらいです。

この賢さが仇となって、ケージから脱走されることがあります。

 

我が家のゴールデンハムスターの脱走記録はこちらでお話ししています↓

まとめ

簡単ではありますが、ゴールデンハムスターとジャンガリアンハムスターの違いについてお話ししました。飼育環境や目的に合わせて、無理のない範囲で選んでくださいね。

 

どちらをお迎えしたとしても結果的にはとにかく可愛いです。皆様にとってステキなハムスターライフとなりますように。。

 

 

ハムスター
スポンサーリンク
シェアする
Sopcoをフォローする
スポンサーリンク
こころのゆとりブログ ~すてきなゆめ~